捨てられたペットボトルが行き場を失っている

ペットボトルはペットボトルにならない

2017年末に中国が打ち出したごみ輸入禁止は様々な業界で波紋を呼んでいますが私たちの生活に密着したペットボトルについてほとんど報道されないのはなぜでしょうか。

現在では当たり前となったペットボトルの分別回収ですがそのほとんどが中国に輸出されていました。行き場を失ったペットボトルは国内に溜まり続けています。

これは他の資源についても言えることですがなぜ国内で処理できないのでしょうか。単純にリサイクルするとコストが見合わない、また異物除去などが難しく食に関する製品に使えないなどの理由が考えられます。

つまりペットボトルはペットボトルに出来ないのです。では中国ならそれが解決できるのでしょうか。

日本が理想とするリサイクル

ペットボトルに使われているような樹脂をリサイクルしようとするとき、日本で行えない理由の多くが不純物が混ざってしまうという問題です。

あらゆる製品に清潔さを求める日本人はその要求水準に適合しない製品を出すことを恐れます。特に樹脂は食品関係の包装や器具に使われることが多く、その生産管理は万全でなければなりません。

しかし、中国の要求水準は低く樹脂の種類や異物が多少混ざっても特別気にしていないようです。日本が純粋な原料にこだわっているのも使用された後のリサイクルに困らないようにという目的が少なからずあるのに実際は混ざってしまっているのです。

スポンサーリンク

リサイクルと言えば聞こえはいいが

実は国内でリサイクルされていると言われる中にも熱源として利用したとされるサーマルリサイクルという概念があります。諸外国ではこれをリサイクルと呼ばないのですが簡単に言うと焼却です。

ボイラーの燃料に使ったりするのですが、輸出されていたものも、すべてをプラスチック製品にリサイクルしていたとは考えにくいので、その多くが焼却されていたと考えるのが妥当でしょう。

コストをかけずに処理代金を稼ぐことができるからです。このことが中国の環境破壊に影響していたことは言うまでもないでしょう。だから国を挙げてごみの輸入禁止に踏み切ったのです。

そろそろリサイクルは出来ないと認められないのか

最近ではごみの分別がしっかりなされるため、燃えるごみの中でも生ごみなどの水分量が多いものが固まってなかなか焼却できないという問題があります。

各自治体では燃えるごみの焼却時に重油をかけたり、火力の強い焼却炉にしたりとお金を使って四苦八苦しています。これを解決するのはペットボトルではないでしょうか。

燃えるごみとして出せないものを埋め立てごみとして出しますがペットボトルも焼却に使われないものは埋め立てられます。埋め立てるぐらいなら燃やしてしまった方が効率がいいのです。

燃えるごみにかけている重油もペットボトルを作る原料も同じ石油です。容器内に空気を含み、よく燃えるペットボトルは、重油よりも優秀な燃料だと言えるのです。リサイクルを始める前のようにペットボトルを燃えるごみとして回収することは出来ないのでしょうか。

リサイクル出来ると思うから使う

ペットボトルはビンに代わる入れ物でした。ビンに使われるガラスは溶かしてもう一度ビンになりますし牛乳ビンのように洗って何度も使うということが出来ます。ただ回収などの手間がかかりますし、割れたりもします。

圧倒的にペットボトルの方が便利なのです。人はより便利なものを使いたがりますが環境に悪いと知りながら罪悪感を持ち続けることには耐えられないでしょう。

だからリサイクル出来れば使ってもいいということにしたんですね。諸外国でストロー廃止運動などが流行っているようですがストローが刺さっている本体の容器はいいんでしょうか。ペットボトルはいいんでしょうか。

なんだか自分を納得させるためにそこまで嘘をつかなければならない現代人は精神的にかなり不自由な状態だと言えるのではないでしょうか。不便がよいという訳ではありませんがもう一度なんのためにリサイクル活動を始めたのか考えてみることが必要ではないでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です