さくらももこ追悼コメントまとめ!漫画家や声優と芸能人・ファンの反応は?

漫画「ちびまるこちゃん」の作者

さくらももこさん(旧姓:三浦美紀)が

8月15日に乳がんで亡くなっていたことがわかりました。

この記事では国民的作品を生み出した

さくらももこさんへの追悼コメントをまとめました。

追悼コメントまとめ

まる子の声優TARAKOさんの追悼コメント

りぼんの相田聡一編集長のコメント

さくらももこ先生の突然のご訃報に際し、心よりお悔やみを申し上げると共にご冥福をお祈りいたします。 『りぼん』1986年8月号より連載開始した『ちびまる子ちゃん』は、たぐいまれなギャグセンスと、親近感あふれる登場人物、そして彼らへ注がれる眼差しの温かさが魅力で、瞬く間に一雑誌の枠を越える大人気作品となりました。その誕生の舞台となったことは、編集部の大きな喜びです。

 このたびの早すぎるご逝去を惜しむ気持ちに終わりはありませんが、まるちゃんとその仲間たちの明るい笑顔は、子供から大人まで、読者の皆様の心の中で、いつまでも変わることなく輝き続けます。さくらももこ先生、ありがとうございました。

りぼん編集部の追悼コメント

漫画家・村田雄介さんのコメント

早すぎます…。小学生の頃、姉の買ってたりぼんでさくら先生の漫画を楽しく読ませていただいてました。最敬礼とともにご冥福をお祈り致します。

大原櫻子さんのコメント

ゴールデンボンバー喜矢武さんのコメント

さくらももこ先生、こんなに若くして亡くなられるなんて…。小さい頃から今も日常としてお世話になっているちびまる子ちゃん。さくら先生のおかげでアニメのオープニングをやらせていただいて、本編にも出演させていただいて、今も大変嬉しく、誇らしく思っています。心よりご冥福をお祈り致します。

清水エスパルスからのコメント

スポンサーリンク

さくらさんが西城秀樹さんにあてたコメントが泣けるという声

闘病中であっただろうさくらさんがコメントしていることに多くの人が感動しました。

ファンのコメント

まだ信じられない方もたくさんいると思います。

ご冥福をお祈りいたします。

ちびまる子ちゃん放送は今後どうなる?!追悼番組はいつ?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です