北海道地震の停電と余震はいつまで?電車やバスへの影響も調査!

午前3時8分に北海道の胆振地方を震源とする

最大震度6強の地震が発生しました。

津波の心配はないそうです。

この記事では余震や停電を原因とする

交通機関の影響をまとめます。

札幌市営地下鉄が運転見合わせを発表

安全確認と発表されていますが重大な被害が発見された場合は

長期の運休になる可能性もあります。

地下鉄は災害に強いと言われていますが

揺れが強かった証拠でしょう。

7日以降も運休が続く?

市営地下鉄や路面電車は停電の復旧を待って運転再開する予定です。

スポンサーリンク

JRも安全確認後の運転か?

JR北海道は停電が原因で復旧の目処はたっていないと発表しています。

まだ台風の影響が残っているんですね。

7日は午前中全線運休

7日午後から運転が再開できるかは決まっていないようです。

鉄道は安全確認を保線担当者が徒歩で行うため

長大な路線を持つJR北海道はものすごく大変だと思います。

しかし運転再開を急いで事故を起こしてもいけないので

確実な安全確認をしていただきたいと思います。

スポンサーリンク

バスの影響

現在バス関係の情報は入っていませんが

信号機が消灯していたり

道路が崩れていたりするので

運休の可能性が高いと思われます。

【追記】北海道中央バスは全線運休

【追記2】北海道中央バスは後志の余市町周辺や岩内町と赤井川村を結ぶ4つの路線の運行再開

【追記2】函館バスは平常運行

【追記2】道北バスと旭川電気軌道の旭川市内を走る路線バスの一部21路線運行再開

スポンサーリンク

飛行機への影響

新千歳空港では震度6弱を観測しているので

かなりの影響が想像されます。

関西空港も閉鎖されている中

新千歳空港も閉鎖となると

単純に空港が使えないというだけでなく

各航空会社の機材繰りも難しくなり

新千歳~関空以外の路線にも影響がありそうです。

今日は北海道全域の交通がマヒすることになる

可能性が高いです。

新千歳空港は7日再開か

電力の回復が前提ですが新千歳空港は

国内線の運行再開を目指しているようです。

国際線はまだ施設の点検が行われています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2 件のコメント

    • そうだったんですね、正しい情報を頂けると、とても助かります。
      コメントありがとうございます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です